読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRPGシナリオ館

自作TRPGシナリオを無料で公開しています

【クトゥルフ神話TRPGシナリオ】狂惑の輪廻【ホーム】

クトゥルフ神話TRPG シナリオ 狂惑の輪廻

推奨プレイ人数 1〜3人

プレイ時間 テキスト5時間程度

舞台 現代日本、他

テイスト 不条理ホラー

 

はじめに

このシナリオは現代日本を舞台にした1〜3人用のシナリオである。プレイ時間はテキストで4〜5時間程度を想定している。現代日本を前提としているものの、このシナリオを他の舞台に動かすためにはそう大きな改変は必要ない。キーパーはいつでもこのシナリオを自分の卓に持ち込むことができるだろう。

一人でプレイする場合には、そのプレイヤーが被害者となる。複数人でプレイする場合には、プレイヤーの一人かNPCが被害者となり、NPCの場合には登場したのがNPC本人なのか、それに入れ替わった謎の人物なのかわからない演出などを加えるといいだろう。

 

シナリオの概要

探索者の自宅にもう一人の自分が現れる。不条理な物言いの末に追い出された探索者は、この自分にそっくりな存在の正体を暴き、生活の平穏を取り戻さなければならない。

 

 

キーパーの情報

このシナリオでは探索者に成り代わろうとしている魔術師と敵対することになる。周到な用意をした魔術師は探索者に一つの誤解を植え付けるために、事実とは異なる仮説を示す証拠を偽造している。その奇妙な現実に騙されることなく、間違いない事実を切り出すのが探索者の仕事である。

最終的な結末としては、この魔術師を殺害するか、諦めて新しい生活を切り開いていくか、最良なのはこの魔術を解除して自分の地位を復権するという3つの選択肢があり得る。それぞれに対してエンディングを用意したので、キーパーはプレイヤーの自由にしてもらうよう心がけよう。

 

オープニング

仕事を終え自宅に帰ると、郵便物の不在票が自宅ポストに入っている。書かれたドライバーの携帯電話に電話を入れると、自分と同性の人物が応じる。どこかで聞いたことがあるような、くすぐったいような違和感。伝えられた通りに荷物が届く。扉を開くと目深にかぶった帽子の人物。手元には箱。差出人を見る。自分自身。受取人も自分自身。記憶にない荷物。違和感を抱いて配達人の顔を見る。そこにあるのは、記憶にある顔。そう、自分自身(SANチェック1 / 1D6)

私自身の顔にたじろいだその一瞬、相手は扉を抑えて自宅の中に踏み入ってくる。そして次のように言うのだ。

「まったく面倒な分身だ。 よくも私の立場を奪ってくれたな。」

相手は探索者の腕をひっつかみ、思い切り扉の外に弾き出す。靴も履かずに外に押し出された探索者は、そこに一人残されることになる。

この状態から、このシナリオは開始される。

 

 

シナリオリンク

ホーム

シナリオ序盤

シナリオ中盤

シナリオ終盤

補足資料類