読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRPGシナリオ館

自作TRPGシナリオを無料で公開しています

【クトゥルフ神話TRPGシナリオ】ナンとカレーなダンスを!【シナリオ後半】

恋路を邪魔するアニラの父

さて、アジェイの申し出を受けると、アジェイは早速アニラの父親について説明してくれるだろう。アニラの父親はこの地域の司祭で、その性質上自らの娘をよそ者と結婚させるわけにはいかないと強く反対しているのだ。

ここでアニラの家に全員揃って様子を見に行くべきだ。父親がいかにも厳格な様子で「アニラにどこをほっつき歩いていたんだ、また男と会っていたんじゃないのか」と声を荒げるのを聞くことができる。一方のアニラも勇ましい娘であり「そうだったとしてお父さんに文句を言われる筋合いはないわ」などと強がって見せるだろう。その意味では似た者親子である。

アニラの家には奇妙な像が置かれている。

鉤爪のついた複数の腕が、目や口が不自然に溶け合ったような不均質な構造の体から7〜8本伸びた像で、詳細はわからないが一対互いに背を向けて安置されている。この像を直視すると、探索者たちは眩暈にも似た感覚に襲われる(SANチェック0/1D3)。

この家庭がなんらかの特殊な信仰を持っていることがわかるだろう。

さて、せっかくなのでアニラと探索者たちが出会うように誘導しよう。アニラに協力者を紹介しておかないとなどと言って、アジェイがいつも使っている抜け道を使って敷地内に侵入する。そしてアニラの部屋の窓をアジャイがノックすると、窓を開いてアニラが顔をのぞかせ、笑顔でアジェイを迎えた後、探索者たちを見て「この人たちは誰?」と尋ねる。

探索者たちは普通に自己紹介することも可能だが、芸術(ダンス)で自己紹介した場合、アニラを街に連れ出すことが可能である。同時に二人の恋路を成就させようという情熱までも伝えることができるので、容易に信頼を獲得することができる。インド象を交えた街頭ダンシングのバックダンサーの数は参加者全員が1d100を振った合計で決めよう。

外に連れ出してひと踊り終えると、アニラの父親が激怒して姿を表す。

「二度と娘の前に姿を現すな!」と声を荒げると、アニラの手を取って「ナグ様に捧げる身なのだ! 勝手な真似をするな!」と言うとその腕を引いて連れ去ろうとする。すこし進んだところで何かを思いついたように立ち止まると、振り返って探索者たちの顔を見比べる。そして次のように言うだろう。

「そういえば、イェブ様のお相手も今夜必要なんだ。男がいい。しかしならず者の貴様(アジェイ)はダメだろうな。そうだな…」

この言葉の後、探索者の誰かが名乗り出れば、アニラとともにその家に忍び込むことができる(いい心がけだ。ならば私とともに来い)。名乗り出なければ「いや、ならず者とつるんでいる奴らなど話にならんか」とつぶやいて去っていく。その腕を引かれながら、アニラは次のように言うだろう。

「アジェイ! きっと助けに来て! 今夜中に、きっと!」

 

 

ナグとイェブへの奇妙な信仰

ここまでの探索で、奇妙な像の存在とナグとイェブという二つの神様の名前が登場している。また、運が良ければ乱交の儀式か生贄の儀式の情報も得ているはずだ。まだこれらの情報を得ていなければ、アニラの父親との悶着を聞きつけた村人たちに、神殿の情報を聞かされることになるだろう。

神殿には閉ざされた扉があった。この扉はこの日の夜の0時にアニラの父の手で開かれてしまう。この扉が開き、そこにアニラが連れて行かれてしまえば、このシナリオはワーストエンドになってしまう。

 

アニラ救出作戦

夜の9時頃にアニラの家から一台の車が出る。その後部座席には縛られたアニラの姿があり、運転するのはアニラの父親だ。車でも馬でもインド象でも、この車を追跡することができる。

もしも相手の車にダメージを与えることに成功すれば、インド的パワー(幸運)に成功すれば車は一撃で吹き飛んで横転し、中から縛られたアニラが飛び出してきて、DEX×5に成功すればキャッチできる。とはいえ、すぐにそんな展開になってもつまらないので、3回目くらいのアタックでそれを発動するといいだろう。

もしも運転系技能がアニラの父親のレベルに達しておらず、苦戦するようならば、最終戦は神殿で延長戦ということになる。ナタを振るって威嚇するアニラの父親と戦闘になるのだが、この戦闘では芸術(ダンス)で攻撃を回避することができる。自らの行動ラウンドで芸術(ダンス)に成功したキャラクターはダンス状態という特殊状態に移行することができる。この状態になれば継続して攻撃を回避することができ、さらにまだダンス状態になっていない敵対プレイヤーに対してPOW対抗ロールを強制することができる。相手がこれに敗北すれば、相手もダンス状態に陥る。

全員がダンス状態に陥ると、ダンス技能にはじめに失敗した人間から順に戦闘から離脱していく。苛烈なダンスバトルの末に、探索者とアジェイの誰かがアニラの父親よりも長く踊っていれば、これ以上ないハッピーエンドに到達する。

 

 

結末:二人は幸せなダンスをして終了

アニラの父親がダンスバトルに敗北すると、その場に膝をついて敗北を認める。その後ろで静かに神殿の扉が開くのだが、アニラが「早く逃げましょう!」と言って逃走を促してくる。

アニラだけを連れて逃げようとするアジェイだが、神殿の入り口を抜けたところでアニラを探索者たちに任せて、アニラの父を助けるために神殿に再突入する。このとき探索者の誰か一人でも協力すれば、アニラの父を救い出すことができるが、すこしでももたついたりDEX×5やSTR×5ロールにいずれにも失敗したりするようなら、容赦なく扉の奥からナグとイェブを登場させよう。

ナグとイェブの姿を見た探索者は、1D10/1D100のSANチェックが必要になる。それでも平静を保てていた場合を除いて、探索者とアジェイ、そしてアニラの父はこの邪神によって犯され、そして食い尽くされることだろう。なおも平静を保っていた場合、発狂してしまった者を残して生贄にすることで脱出することができる。苦渋の決断になるが、それ以外に生き残る術はない。

とはいえ、DEXかSTRのどちらかには成功してくれるだろう。そうすれば、アジェイもアニラの父親も無事だ。アニラとその父はアジェイと探索者の勇気ある行動に感謝し、荒れ狂う二柱の神を鎮める唯一にして最高の方法を教えてくれる。

 

方法? そんなもの決まっているだろう?

 

さあ、村中のみんなで、ダンスを踊ろうじゃないか!

 

 

報酬

このシナリオをクリアした探索者には1D6点のSAN回復が与えられる。

さらにアニラの父を救出した探索者には1D10のSAN回復が与えられる。

最後のダンスによってナグとイェブを封印した探索者には、1D10のダンス技能に対する成長が与えられる。

 

 

シナリオページリンク

ホーム

シナリオ前半

シナリオ後半

補足情報・人物